家具とインテリア専門のQ&A
[一覧] [1つ前に戻る] [家具インテリアなんでも質問箱]
ベッドのフレームの買い替えを検討していますが、材質の表示とその特徴がわかりません。 検討している商品カタログの材質の表記にはそれぞれ化粧繊維板、MDF、タモ突板とありました。 そこでそれぞれの特徴(メリットとデメリット)とどれが優れているのかを教えて下さい。
化粧繊維板とはMDFやパーティクルボードといった板材にプリント紙や突板を貼った素材を言います。無垢材の家具を除くとほとんどの家具はこの素材です。

MDFは木の粉(おがくず)を接着材で固めたボードで無垢材風の重厚感を出すために近年多く使われていますが、先の化粧繊維板の芯材として多く使用され、それ単体ではあまり使いません。厚紙のようなものなので加工がしやすく表面化粧のプリント紙などとの相性も良いのが特徴です。逆に湿気や水分に弱く、ネジなどは一度外すと穴が崩れて強度が落ちるなどのデメリットがあります。

タモ突板というのはタモという広葉樹の材をカンナ掛けしたように0.2〜0.5mmくらいの薄い単板をいい、MDFやパーティクルボード、積層合板(通称ベニア材)に貼って使います。

したがいまして、表記が統一されていないために違うもののように思われるかもしれませんが、表記の仕方が違うだけでほぼ同質のものと思って下さい。
オリジナル - FAQみたいです - 猫でいいです