和家具 匠の郷

【保存版】失敗しない上手な家具選びのポイント Yahoo!ブックマークに登録はてなブックマークはてなブックマークに追加 

ROOMSDECO
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15  16 次へ>>
お部屋の調和を考えた配色
お部屋のイメージをつくる
お部屋の配色(カラーコーディネイト)
動線を考えたレイアウ トとサイズ
照明を活かす
収納家具のポイント
椅子とソファー、テーブルの選び方
カーペット・カーテンの選び方
リビング・ダイニング
ベッドルーム
収納のコツ
書斎・子供部屋
カタログの見方
家具の設置と安全性(地震対策)
家具のお手入れと補修 
家具の搬入
家具の用語集

i.f+ インテリアシヨツプ 家具のアイエフ

オススメの本

   

収納のコツ

棚やクローゼット、タンスはいつも何故かいっぱい。しかも床やテーブル、家電品の上にもモノがいっぱいで片付けても片付けても終わらない・・そんなお悩みの方にご提案です。


思い切って不要なものを処分する〜「捨てられない症候群」からの卒業〜

いつも片付かない、片付けてもすぐ散らかってしまうという方は物量が収納力といいますか、かたづけの限界を超えてしまっていることが大きな原因です。まず不要か必要かを見極めて廃棄したり、オークション やリサイクルショップで売る、または人にあげたりして思い切って処分することが片づけの第一歩です。

「たぶん要る」「そのうち使う」「もったいないから取り合えず」「不要」と考えます。

これを徹底しないと不要なものが溢れて収納の限界を超えてしまうのです。いきなり処分できない場合は半年または1年間使用してないものは「イエロー・カード」として処分検討対象とする。2年から3年以上使用していないものは「レッド・カード」で即刻処分とし、曖昧な思い入れで判断するのではなく、客観的に具体的な基準で区分します。

「愛着」と思っているのは単なる「執着」であるということが多いものです。不要なものは処分する勇気が大事です。

 

どこに何を収納するか、家族で話し合う

個人的に使うものと家族皆で使用するものとに分けて、収納する場所を決めましょう。

使う人によってバラバラにしまうと他の人が探す苦労とストレスを受けることになります。また使用頻度が高いものは取り安い位置に決めるのが原則です。 使いづらい場所やレイアウトにしてしまうと、一時片付いても再びしまうことが困難になってすぐに散らかってしまいます。

使用頻度は毎日、週に一度、月に一度と順位を決めて配置します。収納する計画が間違っていると、使い難いものとなり、結果として「元に戻さない」「適当に押し込む」という事をしてしまいます。

 

片付いたらそれをキープする努力を

せっかく片付いたのに新たに次々買ってしまったり、使った場所に戻せないと元の木阿弥です。定期的にチェックして片付いたお部屋をキープしましょう。 

道具などは置き場所を決め、そこに置く道具の名称を記載しておくのも方法です。オフィスや工場などでは、使用した人の名札をつけておくと、誰が使用したかが一目瞭然。探し回るロスが無くなります。

 
 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16  次へ>>
 
Copyright(c) Kantohtaihei co.,ltd  All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなどのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。