和家具 匠の郷

【保存版】失敗しない上手な家具選びのポイント Yahoo!ブックマークに登録はてなブックマークはてなブックマークに追加 

ROOMSDECO
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14  15 16 次へ>>
お部屋の調和を考えた配色
お部屋のイメージをつくる
お部屋の配色(カラーコーディネイト)
動線を考えたレイアウ トとサイズ
照明を活かす
収納家具のポイント
椅子とソファー、テーブルの選び方
カーペット・カーテンの選び方
リビング・ダイニング
ベッドルーム
収納のコツ
書斎・子供部屋
カタログの見方
家具の設置と安全性(地震対策)
家具のお手入れと補修 
家具の搬入
家具の用語集

i.f+ インテリアシヨツプ 家具のアイエフ

 

オススメの本

 

 

 

 

地震に備えた家具の設置

地震で家具が倒れたら危険とよく報じられます。阪神淡路大震災では多くの家屋で家具が転倒してその下敷きになったり、逃げる通路が塞がれたり、破損したガラスや食器が散乱してケガをしたと言われます。これは地震の多い日本で家具を使用する上では避けられない問題ですので、日頃から震災があることを意識して備えておきましょう。


転倒防止

近年マンションなどの集合住宅の高層化が進んでいますが、建物は上層階ほど揺れが大きく家具が転倒しやすいと言われます。戸建て住宅でも2階、3階に家具を設置するときは転倒防止金具などを取り付けたり、設置のレイアウトを工夫する必要があります。また、床は畳や絨毯の上は接地面が不安定でフローリングなどの硬い床よりも家具が倒れ易いと言われます。

・タンス類、特に奥行きが浅く背の高い収納家具は板の間などの硬い床に設置する。

・収納家具は垂直に設置し、転倒防止金具などを活用する。

・収納は下に重いものを置き、上置きや上部には軽いものを収納する。  収納物としては比較的重い書籍を収納する書棚は奥行きが浅く、また下から上まで同じ重さのものを収納することが多いため、最も転倒しやすいと言われます。書棚の設置には十分注意が必要です。

落下・飛散防止

欧米のような靴を履いた生活と違い室内で素足でいることが多い日本では、家具の転倒よりも散乱したガラスや落下した家財道具でケガをすることが多いでしょう。できるだけ鍵の付いた引出しや扉には鍵を掛け、背の高い家具の上にはテレビやアイロンなどの家電製品、大きな花瓶など を置くのは落下すると危険ですので避けましょう。また食器棚などガラス扉の家具には飛散防止フィルムを貼るとよいでしょう。

耐震金具

家具の転倒を防止する耐震金具には様々なタイプがありますが、取り付け方によってその強度が大きく変わります。取り付けは釘ではなく、長めの木ネジを使用して壁面や家具の芯材がある部分に取り付けます。

 

コラム

4つのプレートがぶつかり合う日本列島に暮らす上では、地震のリスクから逃れることはできません。現在は東海大地震がいつ発生しても不思議ではないとされ、日本全体が地震の活動期に入ったとも言われます。

とは言うものの、万が一に備えて日頃から備えるというのは容易ではありませんし、つい忘れがちです。ですから防災日の日だけでなく、このサイトを読まれたことをきっかけに多少なりとも対策をしておくことで、地震に直面した時のお役に立てればと思います。

地震では軽くて床から高いものから先に倒れたり動きます。よく地震の際は「机の下に隠れろ」と言われますが、軽いテーブルで床がフローリングだった場合は、脚にゴムやコルクなどの滑り止めを付けていないとテーブルそのものが滑りだすので、身を守るには不十分といえます。一方、危ないと言われるタンス類でも重厚感のあるしっかりとしたものはむしろ比較的安心です。事実、阪神・淡路大震災で被災したあるお宅では、多くの家財道具が倒れたけれど、有名な府中の高級箪笥はびくともしなかったという話があるくらいです。

ですから耐震対策はまず比較的軽量で背の高い収納家具(特に書棚)や高い場所にある家電品やインテリアから見直したほうがよいでしょう。 倒れ易い軽い収納家具の場合、その下敷きになるというよりも中身が床に散乱したり、扉の割れたガラスの破片で怪我をしたり、逃げ場を失うことが考えられます。そうならないように飛散防止フィルムを貼ったり、転倒防止金具やシートで補強しましょう。

また、引出しにスライドレールが付いているタイプは、揺れに敏感に飛び出す恐れがあります。引出しが飛び出すと、中身と引出しの重さにより重心バランスが前方にかかるので倒れ易くなりますから注意が必要です。 こうした耐震を考えると、家具を選ぶ際のポイントにもなります。

・ダイニングテーブルやデスクは、重厚な無垢材のものが身を守る上では揺れや落下物に対して安全。
・収納家具の引出し類は、上質な桐材を使ったしっかりしたものか、ロック機能のついたスライドレールのものが望ましく、扉も同様にロック機能が付いてガラスには飛散防止フィルムを貼ったものが安全。

この機会に万が一に備えてチェックしてみてはいかがでしょうか。
耐震グッズをこちらで紹介しています。
いずれも簡易に貼ったり取付けるものですので大地震に対して完全とは言えませんが、少なくとも容易に倒れるのを予防し、被災を遅らせることは期待できます。
 

開梱設置作業

家具には折り込み通販や大手カタログ通販向けの商品と量販店、家具専門店向けのものとがあります。前者の商品は基本的に一般のお客様が開梱、設置をすることが前提の商品ですので、設置や取り扱い上の注意点などが事細かに書かれた説明書等が添付されています。後者は家具専門の配送業者や家具店の専門家が設置するため、組み立て方や説明書などは略されたものが多いのが実情です。多くのネット通販では後者の商品を扱っているため商品は良質でいいのですが、一般の方には注意が必要な場合があります。

開梱のときの注意

できるだけ二名以上で作業する

軽いと思ったものでも意外に重かったり、収納家具は持ちづらく、移動時に周囲に接触する危険があります。 持つ時は商品の下に手を入れて抱え込むようにします。青や黄色のバンドを持つと途中で切れて落としてします危険がありますので注意が必要です。特に輸入品の海外の梱包バンドは接着が弱く、引いただけで簡単に切れてしまいます。

開梱、組み立てはなるべく広いところで、敷物の上で作業する。

大きなタンスや食器棚、ダイニングテーブル、ソファ、ベッドなど大型の家具は梱包材も大きく、ダンボールやビニール、発砲スチロールなどのゴミが大量にでます。室内では紙粉やビーズが舞うので屋外で開梱作業しますとキズを付けてしまう恐れがあります。専門業者は敷物を敷いておこないますが、用意できない場合はそれに代わるものを敷いておこないます。きれいに見えても屋外に は砂や砂利のほかにガラスや金属、プラスチックの破片などが落ちていますので、家具を直に置いたりしますと損傷します。しかしこれは屋内でも同じことがあり、部屋の突起物や床のレールなど開梱作業には注意が必要です。

開封にはカッターなどの刃物は使わない。

家具の梱包材はあまり厚いダンボールや緩衝材は使用されていません。カッターなどの刃物を不用意に使うと中の家具にキズをつけてしまう恐れがあります。特に収納家具の天板部分を開ける際は注意が必要です。

PPバンドと呼ばれる青や黄色のポリエステルのバンドはカッターが無くても切ることができます。熱で接着して繋いである部分を指で摘んで剥がす方法があります。また1本ほどいたら、それを使ってこすって摩擦で引きちぎるという裏技もあります。

家具の組立について

ネジやボルトを固定するときは、必ず全てのネジを仮止めしてから締めてください。片側のみを強く締めてしまいますと、他のネジが入らなかったり、きつくなって締められなくなる場合があります。

家具が傾いたりぐらつく場合

板の間のフローリングでは、椅子やテーブルを設置したとき、脚もとがガタガタしたりぐらつくことがあります。これは主に床が完全な平らでないために生じます。特に無垢材の床板は施工後も歪んだりしますので、注意が必要です。

このような場合に備えてテーブルの脚にはアジャシターが付いています。ねじ込み式の金具を微調整することでほとんどは解消します。椅子にはアジャスターがありませんが、脚裏にホームセンターで販売されている接着式のフエルトを貼ればOKです。フエルトを貼ることで床のキズ防止にもなり、滑りがよくなることで椅子を引くときに楽になります。

 
 
1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 次へ>>
 
Copyright(c) Kantohtaihei co.,ltd  All rights reserved. 掲載の記事・写真・イラストなどのコンテンツの無断複写・転載を禁じます。